立憲幹事長 共産との"限定的な閣外協力"について「合意したのは『横に置く』ということだ」と繰り返し述べる

22pt   2022-05-13 21:00
ニュース速報+通信

https://www.fnn.jp/articles/-/357706?msclkid=ef00b18dcf7811ecb9b83ec40d37dee8

立憲民主党の西村幹事長は9日、共産党との「限定的な閣外協力」について協議した結果、「横に置く」こととなったと繰り返し強調した。


西村幹事長9日、共産党の小池書記長と会談し、立憲民主党が政権奪取した場合の共産党との「限定的な閣外協力」の今後の在り方について協議した。


協議の中で、立憲側が「今回は参院選なので必要がない」と伝えたのに対し、共産側は「維持発展させるべき」との考えを主張した。


会談後、西村幹事長は記者団に対し、「議論の結果として折り合わなかったので、今回はこの枠組みについての議論は『横に置く』ということにした」と述べた。


記者から「具体的にどうするのか」「今後も合意しないということか」などと質問が相次いだが、西村幹事長は「合意したのは『横に置く』ということだ」と繰り返し述べるに留めた。



一方で、西村幹事長は「与党の議席を一つでも少なくすることは、緊張感のある国会を作るために必要」として、政策の枠組みを確認した上で、勝てる可能性の高い選挙区を優先して、候補者調整を行う考えを示した。



   まとめあんてなトップページへ
の話題が沢山。