細菌で生殖不能にした雄の蚊の放出実験で個体数激減

45pt   2018-07-11 21:09
アルファルファモザイク


4c3f2f6a659db0c844a4cfb57f97d784280778b712018/07/10(火) 19:06:20.29ID:N3cVsRIbM.net
【7月10日 AFP】デング熱などの感染症を媒介するネッタイシマカの繁殖を抑えるため不妊化させた雄を放出する実験がオーストラリアで行われ、蚊の個体数が80%以上減ったことが分かった。研究者らが10日明らかにした。世界各地に生息する蚊との闘いに希望をもたらす成果だ。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3181893

関連記事
   まとめあんてなトップページへ
の話題が沢山。