【鬼畜虐待】今から飼い犬を虐めます【その13】

40pt   2018-05-17 12:02
発掘系まとめ

【その12】
03530b3c-s.jpg
691: 名無しさん 03/06/04 13:10隣家の犬を虐待しています。 

飼い猫だけでは飽き足らず、犬の調教を熱望していた私が2年前引っ越した今の家の隣家には、飼い主が忙しいため、全く調教を受けていない犬がいました。天の采配としか思えません。
 
さっそく言葉たくみに飼い主を言いくるめ、犬を借り受けることに成功。

以来2年に渡って市中引き回しと野外排泄を強要し続けた結果、犬は私の姿を見るたび、パニックを起こして跳ね回るようになり、町内で他の犬に会っても、元気良く吠えることは滅多になくなりました。 

幸い、かなりな田舎なため、町内を抜けるとだだっ広い草原があります。私の体力が続く限りどこまでも追い立て続けて、息が切れるまで走らせるのです。 

家へ帰って来てからも、まだまだ虐待は終わりません。

隣家の主人が与える人間用の美味しい缶詰ではなく、味のない不味いドッグフードと、脂肪分の少ない牛乳を与えます。野外を引き回されて空腹なを堪え切れない犬が、がつがつとむさぼる姿は何とも哀れな限り。
 
続いては、家の裏庭に犬を繋いで放置プレイです。無論、監視の目は外してやりません。

私が日向で健康的な除草作業に精を出している間、犬は日向と日陰を出入りしたり、除草剤をまいていない不潔な土を掘り返したりして、無為に時間を過ごすしかないのです。 

除草の合間にも虐待は忘れません。 「しっぽぽたぽた」や「あたまぐりぐり」などの古典的な虐待をこまめに行います。サンオイルも塗ってやらないので、犬は日向で鮮烈な直射日光を浴びることもできず、みじめに日陰へ引っ込んで、空しく私の軍手を噛み締めて八つ当たりしていました。 

軍手をぼろぼろにした罰には、味のないまずい干し牛肉を噛むことを強要しました。うふふ… 。

皆様に比べると、何ともみすぼらしい体験談で申し訳ありません。健康を害して親元で厄介になっている身なもので、この辺りが精一杯なんです。医師の許可が下りて仕事に就ければ、犬を貰いうけ、さらなる虐待を追及できるんですけど…。
 
そうそう、犬を引き回すようになってから、次第に体調が良くなってきました。犬の虐待って、健康にもいいんですね。最近では、夕方だけだった引き回しを朝にも行っています。
 
つたない体験談ではありましたが、皆様の今後の虐待談を楽しみにしつつ語らせていただきました。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=7065962&name
   まとめあんてなトップページへ
の話題が沢山。